MicrosoftOfficeのライセンスを分かりやすくまとめました

あーもー複雑ぅ

って、Officeライセンス体系がいろいろ変わるので良く分からなくなります。

今現在状況を整理すると以下の通りです


プラン名に Businessがついている。基本的にOffice365の更新契約。

Screenshot of products.office.com

購入したら、買い切りでずっと利用できる(今までのOffice購入の概念)

ライセンス契約、年次(もしくは月次)で有料の更新作業が必要

Screenshot of products.office.com

プラン名にPremiumがついている
常に最新のOfficeが利用可能
デバイス ライフタイム アップグレード(そのマシンのみで利用可能、他のマシンに移植はだめ)
サブスクリプションとしてOneDrive1TB,スカイプ有料電話60分がついてる
※購入翌年は更新必要

Screenshot of products.office.com

Office365Solo
Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access 全部入りOffice利用可能
更新しないとOfficeは読み取り専用(機能制限モード)になる

Screenshot of products.office.com

アプリケーションは自動的に更新されない。最新バージョンを入手するには、新しいバージョンが発売されたら
Office を購入し直す必要がある。余計なサブスクリプションはつかない。

https://products.office.com/ja-jp/microsoft-office-for-home-and-school-faq#renewalsCancellations-section
Office 365 サブスクリプション プランでは、Office アプリケーション (Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Access) のインストール版を入手できます (Publisher および Access は、PC でのみ利用できます)。Office 365 は、PC、Mac、Android タブレット、Android スマートフォン、iPad、iPhone など、複数のデバイスにインストールできます。さらに、Office 365 では、OneDrive のオンライン ストレージや家庭で使用できる Skype 通話プランなどのサービスも提供されます。有効な Office 365 サブスクリプションがあれば、常に Office アプリケーションの最新バージョンを使うことができます。
パッケージ版の Office には、2 台の PC または Mac で使用するための Word、Excel、PowerPoint などのアプリケーションが含まれています。アプリケーションは自動的に更新されません。最新バージョンを入手するには、新しいバージョンが発売されたら Office を購入し直す必要があります。現在入手可能なパッケージ版 Office アプリケーションの最新バージョンは、Office 2016 for Windows/Mac です。以前のバージョンとしては Office 2013、Office 2011 for Mac、Office 2010、Office 2007、Office 2008 for Mac、Office 2004 for Mac があります。Office 2010 と Office 2007 は、Windows 8.1 以前と互換性があります。パッケージ版の Office には、Office 365 に含まれるサービスは一切含まれません。Office 365 と Office 2016 の違いの詳細はこちらでご確認ください。