Cloudn 使ってみた 10万円無料キャンペーン

通信量による価格の増加のない最低価格450円の、クラウドサーバの利用を考えてみた

Screenshot of www.ntt.com

現在10万円無料キャンペーン

1.データ転送量無料
2.月額450円から
3.アクセス集中時にも高度なスケーラビリティ
4.CDN利用可能
5.API準備有
6.ウィルス対策オプション有
7.DDoS攻撃対策

データ転送量無料というのが映像配信に適していますよね。

ポータルサイトにログイン
西日本 FLATタイプ
ComputeFLATタイプ選択で利用開始

ダッシュボードに入る

仮想サーバ⇒仮想サーバの追加
ゾーン選択(西日本では選択できない)
テンプレート・ISOの選択(ほう‼ ISOファイルをアップロードできるらしい)
Ubuntu Server v16.04.01 64bitを選択
仮想サーバプランはとりあえず、一番最小でやってみる
データディスクは設定せず
セキュリティグループはデフォルト

※仮想サーバができたら、パスワードが表示されるのでメモする
(ここで逃すとパスワードリセットしないといけない⇒しまった)

ed39744028c6956b799bb6cdc90ae174.jpg

コンソール表示で起動画面が確認できる

Ubuntuのユーザ名はubuntuだそうで。rootで入ろうとしてちょっと苦労。
とりあえず、標準コンソールだと使
いにくいのでsshを入れて、リモートアクセスする

sudo dpkg --configure -a
sudo apt-get install ssh

で、hosts.allowとhosts.denyを設定してと、

さぁアクセスと思ったら、アクセスできない。サーバ側のログにも出てない。

ファイヤーウォールを一応持っているみたい。

Screenshot of www.cloudn-service.com

ネットワーク⇒セキュリティグループ 受信規則 TCP 22 を許可

よしこれで入れた!!

深夜2時~朝9時までの間に新規契約した場合VMが作れません。東日本、西日本を変更してもだめ。東日本で選択できるリージョンを変更してもダメでした。

新規契約が処理されるのがどうも朝9時の時点らしくそれまでは正常に動かないようです。朝一番で仕事する予定が狂っちゃいました。

エラーメッセージ

Unable to create a deployment for VM

参った。メール問合せの返答

複数のリージョンにて仮想サーバーが作成できないことでご迷惑お掛けし申し訳ございません。

いただいたエラーメッセージより確認しましたところ、本件につきましては、他のお客さまからの突発的なリソースの作成によって一時的に設備在庫が少なくなり、発生している可能性がございます。

そのため、大変お手数ではございますが、時間をおいて再度作成をお試しいただけますでしょうか。

なお、Plan vQ(t1.micro)の仮想サーバーの基盤設備が特に使用される傾向がございますので、Plan v1(m1.small)などほかのプランの仮想サーバーでもお客さまのご利用に問題ないという場合には、他プランでの仮想サーバー作成もお試しいただけますと幸いでございます。

 今日も作成できない。 2017/12/7 6:16 今日も作成できない。突発的なリソースの作成ってこの時間にどういう事なんだろう。設備が追いついていないって事でしょうか。可用性に非常に不安を覚える回答でした。

やっとできた

やっと、VM作成できました。2017/12/10 7:46 毎日毎日VMを作成してはErrorを繰り返し、やっと今日できました。

こんだけ障害を起こしている(リソース不足な)クラウドVMを利用していいか別問題ですがとりあえず作成完了しました。良かった。

今回はALTUS(3万円のお年玉中)とCloudnの2台を使って映像配信してみたいと思います。

ALTUSとは、ダッシュボードの作りが同じなので操作性が変わらず、CloudnかAltusのどちらかを知っていると両方ともスムーズに利用ができます。Altusの使い初めには一度スタティックネットワークの割り当てが必要になりますが違いはそれくらいです。