Open Broadcaster Software で、長時間安定配信したい 改善せず

Nginx + OBS でリアルタイム RTMP配信環境を構築している。

どうしても一定時間経過すると切断してしまう。再接続する事で何とかしのいでいるのだが、やはり再生側に影響を与えてしまう。

OBSで発生するエラーはこれ、

14:40:45.370: adding 23 milliseconds of audio buffering, total audio buffering is now 46 milliseconds
14:55:11.479: WriteN, RTMP send error 10053 (2232 bytes)
14:55:11.479: WriteN, RTMP send error 10053 (39 bytes)
14:55:11.479: WriteN, RTMP send error 10038 (42 bytes)

今まではネットワークを疑って、Pingが落ちる原因などを探ってきたけど、WindowsのARP再探索問題が濃厚
http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/Windows/ping-packet-loss.html

だけど、ルータのMACアドレスを静的に割り当ててもパケットロスも発生するし、OBSも停止してしまう。

そこで、さらに調べながら

ここからヒントを得て
http://namagome.com/search.cgi/203062643/
ビットレート超過でフレーム落ちた場合うんたらかんたら

で、思い立った発想としては、動画の動きが激しくなった時に変換しきれなくなり、RTMPで送り切れなくなってエラーって事はないかな。

レート制御は、CBR(固定ビットレート)のまま
可変フレームレート(VFR)にチェックを入れてエンコード開始!

VFRとは

フレームレートとは?VFR(可変)とCFR(固定)の違い


・フレームレートは、「動画の滑らかさ」を示す値
・CFRは、フレームレートが一定のこと
・VFRは、フレームレートが可変する

結局効果なし。この設定変更は意味がない。他に原因があるはず。

ちなみにCPU使用のプリセットをsuperfastにしてみたが、これも効果はなかった。