電話加入権者が死亡した時の加入権の譲渡は面倒

電話加入権者が死亡した時の加入権の譲渡は面倒

最近はひかり電話が主流になってきて加入権自体の存在価値が薄れている。

加入権者が死亡し、それを会社名義などに変更したい場合は結構厄介。
まずは、親・配偶者・子供に相続し(承継)、それから名義変更。
名義変更には、戸籍謄本や実印が必要。

電話加入権は、昔と比べてだいぶ価値が下がってきているから、この辺見直してもいいんじゃないのかなと思う。

だけど、NTTって結構殿様商売だから、あんまり顧客の事は考えないのかな。