ディレクトリバックアップのバッチファイル バックアップディレクトリは 日付管理

バッチファイルを作成したディレクトリバックアップの覚書
サービス稼働中にサービスを止めてからバックアップを行う前提
バックアップが終わったらサービスを起動する

net stop [サービス名]
xcopy “C:\Program Files\[データディレクトリ]” [target directory]
net start [サービス名]

例 BACKディレクトリにバックアプ日付のディレクトリを作成してバックアップする
net stop wmiApSrv
xcopy “C:\Program Files (x86)\MSBuild” c:\BACK\DATA%date:~-10,4%%date:~-5,2%%date:~-2,2% /s/e/i
net start wmiApSrv

XCOPY
/S 空の場合を除いて、ディレクトリとサブディレクトリをコピーします。
/E ディレクトリまたはサブディレクトリが空であってもコピーします。
/I 指定されたコピー先が存在せず、コピーするファイルが複数の場合、
コピー先をディレクトリとしてコピーします。

関連コンテンツ