WordPress 工事中・メンテナンス中・制作中 にできるプラグイン

手軽にWordPressサイトをメンテナンス中にしたいです。

出来たら、そのメンテナンス中でもサイトに負荷をかける事がないようにしていきたいのでちょっと調べてみました。

WP Maintenance Mode

画面をフルカスタマイズできるのが特徴らしい

カウントダウンとかできるって書いてある。公開まであと何日とか。逆にphpを動かすことになるだろうから負荷高そう。

EZP Maintenance Mode

設定がシンプルなのが特徴

 

 

Maintenance Mode

非常にシンプルで、WordPressのコア機能であるWordPressのwp_die()関数を使用しています。この関数は、このプラグインをWordPressコアの一部として感じ、動作させます。
メンテナンスモードを有効または無効にするときは、キャッシュをフラッシュすることを忘れないでください!

説明文を読むとメンテナンスモードを有効・無効にするときはキャッシュをフラッシュしないと意図しないページが表示されちゃうって書いてあった。当たり前か。

コアって聞くと、中心部のphpスクリプトで、サーバへの負担は少なそうだけどどうなんだろう。

WordPressサイトでメンテナンスモードをプラグインを使わずに導入する方法

functions.phpに以下のコードを記述してみてください。

function maintenance_mode() {
if ( !current_user_can( 'edit_themes' ) || !is_user_logged_in() ) {
      wp_die('ただいまメンテナンス中です。');
   }
}
add_action('get_header', 'maintenance_mode');

プラグインを使わない方法と、Maintenance Modeプラグインは同じ方法っぽいですな。

それから、閉鎖中にしても、キャッシュプラグインは動作してくれそうだから、閉鎖中⇒キャッシュで、サーバへの負担はかからないのかも。Maintenance Modeが単純で良さそうだと思ってきました。

Maintenance Mode(Default)

規定値はメンテナンスモードで、503 Service Unavailable エラーを返します。一時的に利用できない、現在停止中という意味合いが強くなります。

Coming Soon Page

長時間メンテナンス中にする場合はComing Soonページにするべきです。200 OKステータスを返します。アクセス成功です。アクセス成功なのでエラーという認識はなくなります。

実際にホームページを表示するとこんな感じです。

写真も掲載可能なので、結構自由にレイアウト作成できます。