ISOイメージを usb に書き込んでブート

Rufus

ISOイメージをダウンロードしたのは良いけど 容量が6 gb 以上のブートイメージでした これは大きすぎて dvd にも書き込みができずどうしようかと思いましたが 磯イメージをそのまま usb に書き込んでブートメディアを作成できるツールを見つけました

フリーソフトです

ダウンロードはこちらのサイトから

 今回ブートイメージを作りたかったのは windows 2016サーバー ISOイメージは6 gb 超えです

こんな感じで書き込みます

フォーマット設定でダウンロードしたISOイメージを選択しておきます

ISOファイルをコピー中

やはり6 gb もあると時間は結構かかります 作成には およそ 41分程度 の時間を要しました

作成した usb メモリーをさしたまま 再起動してみます

Usb で起動できる様に 洗濯しましたが 起動に失敗 してしまいました

気を取り直してもう一度 usb の 接続ポート 拡張ポートから 直接 usb ポートに挿してみました

 

あーやっぱダメでした

 今度はオプションを変えて usb 起動ディスクを作ってみます

するとインストールした windows 版バージョンを選択してくださいと言う画面が出てきました

 target drive or fixed 属性を持ちませんと言う表示が出た

今度は作成に6時間ほどかかりました 再再起動してみると

 

おお、起動ロゴが出た。

 今度こそいけるのか?と思ったけどやっぱり起動せず。あらー?

アンネーブル windows ブートマネージャー の、せいかな?

起動に恐ろしく時間がかかる。なんでかな。

Rufusがだめだったみたい。

USB書き込みソフトを変えたらインストーラーも起動しました。

書き込みに使ったソフトは、

Windows7 USB DVD Download Tool

無事にWindowsServer2016インストーラー起動しました。