【重要】マイクロソフト Office 、Windows Server CAL 利用状況ご確認依頼_確認票送付

以前も連絡があって、今回2回目です。恐らく3年ほど前だったと思うのですが、なかなか忙しくて、連絡が来た時に電話に出れなかったりでそれから放置していました。久々に再度連絡がありました。

連絡内容は、ライセンス調査のメールを送付しましたがご確認いただいていますでしょうか?との事でした。うっかり、迷惑メールと勘違いして削除してありました。

削除してしまったメールは、後日、本調査への回答方法について、担当者からメールしますとの内容でした。これが、8/15でした。

メールに気づかず、電話にも出れなかったらその後どうなっていくんだろう、3年くらい前に連絡が来た時のように放置されるのかなと思ったりもしましたが、やっぱり電話で調査しますと言われてしまうと、小心者の私は一生懸命ライセンスを調べる事になります。

その後、一ヵ月ほど経過した9/12日に、再度microsoftからメールが来ました。

送信元

マイクロソフト IT資産管理推進部

から、

Office ならびに Windows Server CAL 利用状況ご確認依頼

というタイトルです。

目的は
ソフトウェアの不正利用により発生するコンプライアンスリスクを未然に防いでいただくため、いま一度 マイクロソフト Office ならびに Windows Server CAL が正しいライセンスで運用されているかどうかのご確認をお願いいたします。

との事です。

うちはBYODが多いので、個人の持ち物はどうしたら良いでしょうか?とお尋ねしたところ、こちらはカウントしなくてよいとの事でした。少し楽になりました。大変なのはOfficeのプロダクトキーを記載しないといけないことでした。私の環境では、プロダクトキーを1か所に集め管理していたのですが、それでも1台1台のプロダクトキーを調べ入力するのは超大変。朝までかかって調べてきました。

あと、サーバCALが足りない事が発覚。どんな是正勧告がくるのか。ちょっと怖いです。

ちなみに、調査期間は2週間でした。9/26日が提出期限でした。

ServerCalはボリュームライセンスで購入していたので、こちらは比較的楽です。サVLSCイトで調べて利用している製品、バージョンを確認票から選択、それぞれ確認できた利用数と保有数を入力しました。

調査期間は2週間くらいあれば何とかなりますが、だけど余計な仕事が増えるので、やっぱり面倒。今回サーバCALが足りないことも分かったので、良かったといえば良かったわけですが、それでも、もっと簡単に管理できる方法があればいいのになと思います。

ただ、企業に提案される資産管理などはお金がかかるし。マイクロソフトが無償で提供すべきじゃないのかな。ボリュームライセンスを進められるけど、プレインストールの方がOfficeの価格も抑えられるし。

提出1週間後再度連絡が来ました。Officeライセンスが重複しているとの事。バンドル版で購入したOfficeライセンス記入時、同じパソコンのOfficeライセンスを重複して書いてしまっていたんだと気づきました。ああ、何か変に疑われたらいやだなと思いながら表を訂正して再度送付。9/3に連絡がきて、9/4にはすぐに訂正して送付しました。

恐らく感覚からすると、Officeプロダクトキーを書くけど、これがMicrosoftが正規販売したものかどうかの確認をしているだけなのかなと思いました。どれが生きていて数の検証はできていないのではないかと思います。例えば、プロダクトキーを流用して他のパソコンに導入していてもMicrosoftには分からないのではないかな。

今回の調査で、WindowsサーバCALはUserCALで利用していましたが、利用人数に対してUserCALが少ない事が分かりました。法令遵守ですし、足りない事が分かって良かったと思います。ただ、調査するのは結構負担です。自己申告の数字そのままが採用されて追加購入するという事になりました。これって、数合わせをして足りているように書いていても問題なかったのでは?と思うところです。

できたら、Microsoftで全部管理されていて、過不足は利用始める時点で解消できたらこんな苦労しなくて済むのにとちょっと不満です。

Microsoftからは、代理店からボリュームライセンスプログラムにて正式な価格の見積もりを入手し、2週間以内に見積もり記載の製品型番を連絡しなさいとのメールをいただきました。

ライセンス数についてはすぐに出せたのですが、是正勧告をいただいた後、仕事が忙しくなり、見積もりや発注の段取りまでなかなか進みませんでした。そこで、再度電話を頂戴する事になりました。この間約2ヵ月ほど。さらに見積もりをとったりするのに時間がかかり、見積送付ができたのが、12月中頃でした。

見積送付

不足を指摘された、WindowsServerCal,RDS Calの見積もりをとり、Microsoft資産管理部にメールしました。そうすると、

お送りいただきましたお見積り書記載の製品で問題ございませんので、発注手配について進めていただきますようお願いいたします。

また、販売店様よりご購入後、ライセンス番号等がお手元に届きましたら、お手数ではございますが本メール返信にてお知らせくださいませ。

頂きましたライセンス番号から、弊社システムでお客様の発注を確認いたします。

お忙しいところ大変お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

とのメールをいただいて。発注処理。

ボリュームライセンスで購入したので、VLSCで表示されるライセンス数をキャプチャしてマイクロソフトに送付して完了です。2月に完了したので、連絡をいただいてからかなりの時間がかかりました。

ライセンス数は申告ベースです。使用数と、ライセンス数を自分で申告し、不足があれば指摘されてその不足を補うよう発注を促されます。

関連コンテンツ