レンタルサーバ ロリポップWordPressを使い倒す

レンタルサーバロリポップにWordPressをインストールした。

反応速度はいいし、100セッションくらいなら全く速度低下が見られなかった。

今日はプラグインを入れて設定してみる。

Import users from a CSV file

User Role Editor

User Access Manager

プラグインを入れてみる。インストールおよび、有効化は問題なく終了。

User Role Editorで新しい権限を作成する。日本語化したいのでロリポップSSH接続を有効にし、Teratermで接続。問題なくシェルが動く。さらに、WinSCPで、wp-content/language/plugin に、user-role-editor-ja.moを突っ込むと、そのまま動く。権限の設定などもうまくいっているみたい。

User Role Editorで権限を作成し、User Access ManagerでUser Role Editorで作った権限を割り当てたグループを作成、さらにカテゴリを作って、カテゴリにはグループを割り当てる。最後にImport users from a CSV fileで、User Role Editoriで作ったユーザをインポートすれば、そのカテゴリだけが見れるユーザが作成される。ローカルサーバにインストールしたWordPressと同じ挙動でインストール可能だった。

ユーザ権限の詳しい設定方法はこちら

当たり前だけど、テーマも簡単にインストール可能。いやーやっぱ、快適に動くかも。

Ktai Entryをインストール有効化

Ktai Entryにはバグがあり、メールの定期読み出しができない。バグというか、最新のWordPressの仕様変更のせいだと思う。Ktai Entryを利用するには一抹の不安があり、アプリの更新が終わっているところ。メール定期読み出しをするためにはCRON設定をしなくてはいけない。ロリポップは至れりつくせりで、1分ごとの読み出しが可能!

Ktai Entryの詳しい設定方法はこちら

Downloads Manager も無事動く

ファイル容量の変更は?ロリポップモジュール版のphp.iniは変更不可能なので、ファイルアップロード容量を変更しようと思っても、当然と言えば当然かもしれないけど、ちょっと制約されるなぁ。デフォルトのファイルアップロード容量は100MB。これ以上の変更はできない。

.htaccessへの記載
php_value max_excution_time 600
php_value upload_max_filesize 500M
php_value post_max_size 500M

が効かない。

WordPressプラグイン 「BF Click Counter」もちゃんと動く

ロリポップでは、ロリポップ以外で管理しているドメインにAレコードを追加してロリポップのサイトを表示させることが可能

えー、ロリポップに設定したWordPressサーバに対して、スマホWordPressから投稿してみる。テキスト投稿、写真の投稿はできたのに、なぜか動画投稿ができない。同じ動画を、パソコンからメディアを追加したら投稿できた。ちなみにiPhone標準のMOVファイル。なぜだ!PHPの設定や、PHPのモジュール設定、色々疑ったが、結局はWAFが原因だった。ロリポップはWAFが標準装備。

WAFが原因だった。WAFログにiPhoneからの投稿が掲載されてた。これにブロックされてたみたい。これを無効にしたら無事動画投稿ができるようになった。うーん。残念。明日サポートに聞いてみよう。