お得にホームページ作成 月500円で30サイトを運営

レンタルサーバロリポップの使いやすさを検証しています。

ロリポップでは30個までMySQLデータベース構築が可能です。つまりロリポップでは月500円のスタンダードプランで、30個のWordPressサイトを運営する事が出来ちゃうんですね。

独自ドメインで2つ目のWordPressサイトを構築する方法を解説します。DNSサーバは自分で管理している場合です。ロリポップで管理している場合は、もっと手順は簡単です。ブログをたくさん立ち上げたい方、いかがでしょうか。

WordPressを設置する

lolipopw01

lolipopw01

簡単インストールから、WordPressをインストールします。

lolipopw02

ロリポップはすごいなとおもうのが、利用データベースを自動的に作成してくれるところです。これにより、WordPressのインストール操作のみでWordPressが利用できるようになります。他のレンタルサーバではデータベースを別途作成する必要があります。この操作を繰り替えだけでサイトが大量生産できます。

DNS登録用のサーバIPアドレスを調べる

コマンドプロンプトを起動して、作成したサイトURLのサーバ向けにPingを打ちます。

サイトURL http://words.chips.jp/wp02/

の場合、サーバはwords.chips.jpです。

C:\WINDOWS\system32>ping words.chips.jp
words.chips.jp [157.7.107.22]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
157.7.107.22 からの応答: バイト数 =32 時間 =16ms TTL=49
157.7.107.22 の ping 統計:
 パケット数: 送信 = 1、受信 = 1、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
 最小 = 16ms、最大 = 16ms、平均 = 16ms

これで、サーバIPアドレスが、157.7.102.22である事が分かります。

DNSサーバに、解決したいサブドメイン(ホスト名)を登録する

Aレコードを登録します。

wp02 IN A       157.7.107.22

 

サブドメイン設定

lolipopw03

lolipopw03

サブドメイン設定をします。このサブドメインにアクセスされたら、どのフォルダにアクセスさせたいかという設定になります。先ほどインストールしたWordPressディレクトリを設定させます。

WordPressサイト名の設定

WordPressがどのようにインストールされているかは、WordPressインストール履歴から確認する事が出来ます。

lolipopw04

管理者ページURLにアクセスし、

lolipopw05

WordPressアドレス(URL)、サイトアドレス(URL)を設定します。アクセスさせたい独自ドメイン名での設定です。この時、インストールディレクトリまで指定する必要はありません。

解説

表示させたいドメイン名 ⇒ 公開ディレクトリ/wp02

となっているため、「表示させたいドメイン名/wp02」 と設定してしまうと、実際のアクセス先は

公開ディレクトリ/wp02/wp02

となってしまい、存在しないディレクトリを指定してしまう事になります。