Buffaloの業務用無線LAN WAPS-APG600Hはどのくらいのアクセスに耐えられ る?

集客が見込める場所で、Buffaloの業務用無線LAN WAPS-APG600Hをfreeスポットとして公開する案が出てきました。

どのくらいの人数がアクセスするか分からないのですが、上限もどのくらいまでいけるのかは知っておきたいと考えています。

アドレステーブル MACアドレス 4,096アドレス(自動学習方式)
データ転送速度(規格値) 10M/100M/1000Mbps(オートセンス)、10Mbps固定、100Mbps固定、1000Mbps固定
5GHz帯は、W52(5150-5250MHz)/W53(5250-5350MHz)とあわせW56(5470-5725MHz)にも対応。最大19チャンネルから選択可能で、接続機器のチャンネル配置が容易です。

http://buffalo.jp/products/catalog/network/compare_wireless_business.html

無線LAN接続台数
2.4GHz: 25台 (b,g,nに対応)
5Ghz:25台 (aに対応)
最大50台

このアクセスポイントが3台あります。

FreeSpot.jpg

後は、ゲートウェイに利用するルータが問題です。どのくらいの負荷がかかるか分からない状況でネットワークを設計するのは無謀ですが、お金もかけたくないので、今ある予備ルータで構築してみます。

https://network.yamaha.com/products/routers/rtx810/

全LANポートにギガビットイーサネット搭載
スループット 最大1.0Gbit/s
NATセッション数 10,000

上記無線LANと、このRTX810で、100人程度のスマホアクセスはさばけるか?その100人の利用の仕方にもよるところだとは思いますが。後は野となれ山となれ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)