VISUO XS809HWドローンメンテナンス プロペラの交換

プロペラ交換方法

何度も 墜落させたり 色んな所にぶつかって 傷ついた ドローンですが 交換部品があって メンテナンスをすることで 長く使うことができます。プロペラは、購入当初からスペアが4枚入っています。前方用2枚、後方用2枚です。

DSC_0477

すごいなーと思うのは、何度墜落させても本体の動きには全く支障がありません

まさに、練習機として、申し分ないです。

リベットと羽の間にマイナスドライバーを差し込みます

DSC_0479

リベットはただ差し込んであるだけなので マイナスドライバーで抜くことが出来ます

DSC_0480

マイナスドライバーでリベットをぬくと、ネジが見えます。これを付属のプラスドライバーで外します。

dsc_0481630403252

羽を外すとこんな感じになります

DSC_0482


前方の羽はBと 表記されています 替えのプロペラは これと合わせます。後ろのプロペラはAと表記されています。

DSC_0483

後は取り付けて 元の手順で ネジとリベットを取り付けると完了です 羽が新しく生まれ変わりました

DSC_0484

私は何度も落下させているので、プロペラガードもボロボロになっています。

写真下側の支柱も折れていますし、完全に折れてなくなってしまったこともあります。XS809HWは、パーツごとに手に入るのでこういう時にも安心です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)