ドローン MOLA TOURIST1 6万円で空撮を楽しむ3軸ジンバル搭載品

ドローン初心者が格安ドローンを購入し、空撮を楽しんでいます。

ドローンの飛ばし方、感覚も分かってきて、そろそろグレードアップしたいと感じるようになりました。

XS809HWは練習用としては優れた機械です。壊れにくいし、操作もしやすい。何度墜落させても不死鳥のようによみがえります。

ただ、XS809HWはトイドローンの領域を出ていません。空撮では絶対に必要な3軸ジンバル(3軸方向に可能なスタビライザー)を備えていないためドローンの操作がそのまま映像に跳ね返ってしまいます。

機体が軽いため少しの風でもどんどん流されるのですが、レバーを傾けると、機体も傾き、空撮映像がもろに影響を受けます。

そこで必要なのが3軸ジンバルです。どのような方向にレバーを傾けてもスタビライザーにより、映像が安定します。欲しいのはDJI Phantom4ですが、ちょっと高くて手が出せません。

そこで、安くて3軸ジンバル付き、Full HD撮影ができる機体を探してみました。

3軸ジンバルがついている事に価値であるという所です。3軸ジンバルがあるので滑らかに撮影可能です。実売価格からすると7万円以下。3軸ジンバル付きDJIだと10万円以上が必須ですが、7万円以下でこれだけの機能を備えているのがすごいです。ただ画質については、Full HDだけどやっぱりそれなりでノイズが入りますが、6万円台で3軸ジンバルを搭載している製品なんてないだろうと思っていたら、

有るんです。そんな機体が。

Screenshot of hitecrcd.co.jp

空撮に必要な特徴
GPSの装備で風にながされず風速6m/sでも安定ホバリング
GPSによる正確なホームリターン機能が可能
機体の揺れにも新開発小型3軸ジンバルで機体の揺れからカメラ軸を安定ホールド、安定したFull HD1080pの高解像度撮影が可能
送信機のジョグダイヤルで機体カメラのチルト操作が可能

撮影された映像はこの動画が参考になります。

露出が低いと、やっぱり画質はそれなりですね。またノイズも走ります。

映像がうねうねするのはちょっと仕方ないとして、6万円台でこんな映像が撮れるなんてすごくないですか。

関連コンテンツ