Postgres ストアドプロシージャ

関数を自分で作成できます。一連の処理をプログラミングして実行しちゃえるんです。

Postgresの手続き言語です。データベースへの処理を一連にして保存しておく事が可能で、Postgresqlのストアドプロシージャ言語って事になります。

文字列name1の長さによって、small,middle,bigの文字列を返す

CREATE OR REPLACE FUNCTION era(name1 TEXT)
RETURNS TEXT AS $$
BEGIN
IF octet_length(name1) < 8 THEN
RETURN 'small';
ELSEIF octet_length(name1) < 16 THEN
RETURN 'middle';
ELSE
RETURN 'big';
END IF;
END;
$$ LANGUAGE plpgsql;

 

select id,hantei(name1) from persons
WHERE _id <=2000

 

関連コンテンツ