無料サービスでスマホにPush通知 えっそんなことできる?

ブラウザにPush通知

ブラウザにPush通知する方法があります。

ホームページ閲覧していて、通知を許可しておくとブラウザに通知が届くのです。初めて通知が届いた時にはビックリしました。通知を使うためにはホームページ制作だけではダメだと思い込んでいましたので。

Push通知の仕組み

プッシュ通知はiOSデバイスに対してはアップルの「APNs(Apple Push Notification Service)」、Androidデバイスに対してはグーグルの「GCM(Google Cloud Messaging)」を利用して実現します。

Screenshot of www.atmarkit.co.jp

通常はアプリに組み込み有料通知

通常、プッシュ通知はAPNs・GCMに対して「対象アプリ」と「対象デバイス」を指定してメッセージを送る必要があります。つまり、アプリにPush通知の仕組みを組み込んで、対象のスマホにインストールしてもらう事でPush通知が成り立ちます。

アプリなしのPush通知

アプリの開発?

必要ありません。

アプリのインストールは?

そんな必要もありません。

初期投資が必要でしょ?

お手軽に無料で始める事ができます。

Push7を利用

Push7の運営会社
GNEX

日本に本社を置く、日本の会社です。

日本企業の運営だと、少し安心するところがありますよね。

無料登録

push7ホームページ下の、無料登録をクリック

メールで仮登録

メールアドレスを登録すると、そのアドレス宛にメールが届きます。それをたどってパスワードを登録して簡単に登録完了です。

新規アプリケーション作成

新規アプリケーション作成では、どのサイトでPush通知を行いたいか設定します。

Push7プラグインインストール

次にWordPressへ戻り、Push7プラグインを導入します

Push7

APIキーの入力

取得したキーをWordPress側に設定します

Push7通知を有効にする

上記 App Numberの入力

API Keyの入力を行います

Push7通知を有効にするとWordPressのPush7機能が有効になります

購読ボタンの設置方法

WordPressのPush7SDKを有効にすると、自動的にBOXを導入する事ができ、ポップアップして購読を促す事が可能です。また、

<div class="p7button" data-button-text="購読する"></div>

といったHTMLタグを記載する事で、その部分にボタンを作成する事が可能で、このボタンを押すと、購読できます。

また、このボタンを配置しておくと、後々も購読設定・購読解除設定が可能です。

通知

通知のタイミングは、

新規投稿時

新規に、投稿記事を投稿した際にPush通知が自動的に入ります。その際の通知表示は投稿された記事になります。

Push7の管理画面から

新規プッシュ通知を作成して通知する事が可能です。

料金体系

月額費用0円で、5,000件までの通知が可能です。

iOSには専用アプリ必要

Androidで試していて、びっくり。無料でここまでできるってすごいと思って、iPhoneで試してみたら、あれ?専用アプリ?

Screenshot of itunes.apple.com

なぁんだ。iOSでは、専用アプリが必要でした。Chromeインストールしててもダメです。購読するためには、専用アプリをインストールする必要があります。

他のプラグインでは?

有名なところで、One Signalというプラグインがあり、同じような仕組みでPush通知ができるようですが、やっぱりこちらもiOSはPush7アプリを使って受信するようです。

うーん、もうちょっとだなぁ。

関連コンテンツ