IPoEと、SLAAC/RA-UntangleではIPoEーIPv6について

Untangleを利用して、IPv6接続をやろうと試みました。
日本のIPoE形式で接続したいと考えています。これは悪戦苦闘した結果、UntangleはIPoe方式に対応していないという事が分かりました。

Untangle IPv6接続

Untngleは

SLAAC

IPv6アドレスを生成する方法

RA

ルーターアドバタイズメント(RA:Router Advertisement)
IPv6対応ルーターが、RSに対する応答をする際に用います。同リンクの全ノード宛てのマルチキャストアドレス「FF02::1」に向けて送信します。

に対応しています。

untangle01.jpg
untangle02.jpg

IPoE IPv6

NTTフレッツのNGN網でのIPv6接続はIPoE方式と言われます。

IPoE
IPoEは「IP over Ethernet」の略で、企業内のLANなどと同じやり方で直接インターネットに接続する方式

Wikiより

DHCPv6-PDによりNGNからHGWに対しVNEの /48 プレフィックスだけが払い出され、HGWからカスタマLAN内に /64 のプレフィックスが広告(RA)される。

IPoEは、DHCPv6-PDによりIPアドレスの払い出しが行われる

惑わす記述

  • IPv6アドレスは半固定(NTT局舎工事等でプレフィックスが変更になる場合があります)、ひかり電話をご契約の場合/56(DHCPv6-PD方式)、ひかり電話のご契約が無い場合は/64(RA方式)での割り当てになります。

フレッツ 光ネクストでインターネット接続(IPv6 IPoE)を使用するには、以下のようなIPv6の設定が必要です。
なお、ひかり電話を契約していない場合(RAプロキシ)としている場合(DHCPv6-PD)で設定が違うので、ひかり電話の契約を確認して下さい。

RAなのか、DHCPv6なのか迷わす記述だが、フレッツ網を利用するIPv6はDHCPv6という記述の方が圧倒的に多い。

IIJ

ascii

アライド

ルーターのWAN側インターフェースでDHCPv6クライアントを動作させ、DHCPv6でDNSサーバーアドレスを取得します。

いずれにしろ、日本のISPでは、DHCPv6方式を利用してIPv6を提供している事が濃厚。

MEC光は?

MEC光の特徴
【 DS-Lite対応ルータを利用する場合 】
excite MEC光 接続プラン TYPE-Dは、設定不要で簡単にご利用いただけます。
IPv6対応サイトもIPv4のみしか対応していないWEBサイトも、excite MEC光 接続プラン TYPE-Dで快適にご利用いただくことが可能です。

【 DS-Lite対応ルータを利用しない場合 】
・IPv6対応WEBサイト
excite MEC光 接続プラン TYPE-Dは「IPv6 IPoE接続」を提供するサービスなので、
IPv6に対応しているWEBサイトは設定不要でご利用いただけます。

特に探しても、IPアドレスをどのように払い出すかは見つけられませんでした。

IPv6アドレスはどこから?

MEC光はIPv6の払い出しをしているのか?

NGN網接続はNTTからでしょう。フレッツ・V6オプションを利用する事で、IPv6アドレスも払い出されるようになります。

では、プロバイダと接続する時は?特にフレッツ網のV6オプションを申し込んで、プロバイダと接続する時には、NTTが払い出したIPv6アドレスを利用しているのだろうと予測しています。

なので、NTTがSLAACに対応しているかどうかでUntangleの自動IP取得ができるか?にかかるのではないかと考えるわけです。現在Untangle + MEC光(フレッツ・v6オプション)でIPv6アドレスが自動取得できない状況と合わせて考えると、NTTのIPあドレス払い出し方法は、DHCPv6であり、SLAACには対応していないものと考えます。

IPv6 IPoE(DHCPv6-PD)接続設定

Century System

NTT東日本/西日本が提供するフレッツ光ネクスト回線でIPv6 IPoEによるインターネット接続は、DHCPv6-PD

自動でIPv6を取得する方法は以下の三種類

  • RA+ステートレスDHCPv6
  • ステートフルDHCPv6
  • RFC 6106で定義されたRA(SLAAC/RDNSS)

で、NTTで採用されているのは上記2つめまで、RA(SLAAC/RDNSS)に対応していないのだと思います。

このRAという表記が惑わせます。RA(SLAAC/RDNSS)と書かれると、SLAACを包括するのか?と思ってしましますが、

RA (Router Advertisement; ルータ広告)とは、 IPv6アドレスの自動設定を行う機能(Stateless Address Autoconfiguration, SLAAC)(*1)の一部分で、 RFC4862で標準化されています。

SLAACの機能の一部と考えた方がよさそうです。

Untangle IPv6アドレス対応

IPv6対応しているとなっているのだが、

Phase 1 – IPv6 Passthrough
Phase 2 – IPv6 Configuration

DHCPv6には対応していますか?

現在対応予定はありません。

と、この記載より、DHCPv6からのIPアドレス取得はできない模様。

Androidと同じか?

AndroidがDHCPv6を実装しておらずRFC 6106によるキャッシュDNSサーバ情報通知を必要としているという点です。

まとめ

IPv6の世界は、かなり混とんとしています。整理されていない。これではユーザがとても使いづらいので、今後淘汰整理されていくか、ルータ側である程度技術差を吸収していくものと思います。

2件のコメント

  1. 私もuntangleを使っておりまして、現在untangle supportと連絡を取り合いながらIPv6の設定を進めておりますがいい返事は受け取っていません。日本のIPv6対応ルーターを買い、untangleをブリッジモードで繋げるしかIPv6を利用する方法がないのでしょうか…

  2. はい、日本のIPoE方式は対応していないようです。私もUntangleで挑戦してみたのですができませんでした。
    untangle supportさんの方から良い情報がいただけるようでしたらぜひお教えください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)