C# これなら分かる Linq 基本編4-1. メソッド形式と、メ ソッド形式を使う場合

VisualStudio2016にて、新しくプロジェクトを作成します。
ウィンドウにボタンを一つ配置して、下記のコードを記載。

動作
配列 numbers の中から、条件に合う数値のみを抽出します。
抽出された数値をMessageBoxに表示していきます。

解説
直接クラス ライブラリを呼び出すこともできます

using System;
using System.Linq;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;

namespace Linq
{
   ///
   /// MainWindow.xaml の相互作用ロジック
   ///
   public partial class MainWindow : Window
   {
      public MainWindow()
      {
         InitializeComponent();
      }

      private void Linq4_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
      {
         int[] numbers = { 5, 1, 3, 4, 2 };
         //Whereが、IEnumerable インタフェースへの拡張メソッドを表し、直接LINQのクラスライブラリを呼び出す
         //抽出だけならform句とselect句が必要ない
         var q = numbers.Where((n) => n >= 2 && n n);
         foreach (var n in q) MessageBox.Show(n.ToString()); } }
      }
   }
}