UDPで、ストリーミングを効率よく受信するWifi設定

低遅延システムのミライブボックスの中間にある無線LANで、端末への受信速度を落とさないための効率の良い設定を検証しました。

premble type

プリアンブルは、フレームの始まりを意味する特別なビット列。フレームを検出して同期をとる。 ショートプリアンブルとロングプリアンブルがある。特別なビット列が短いか長いかという事で、 ショートプリアンブルを有効にすると、伝送速度が速くなる。

Preamble type ⇒ Shortに設定

チャンネル

1ch-13ch

割り当てられるチャネルは広い(多い)方がいいです。2.4Ghzは特に干渉し合います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)