G suite 複数人のユーザ登録

まずは管理画面に

管理画面を探すのに一苦労でしたが、何のメニューにすぐ出てきます。

G suiteの全般的な管理はこのメニューからいけます。

ユーザ管理画面

ユーザ管理画面はここから進めます。

ユーザ登録はCSVファイルで

G suite のユーザ登録を複数人まとめて行いたい時はCSVファイルをアップロードする事で一気に追加する事ができます。

まずはテンプレートになるCSVをダウンロードし、これを編集してアップロードする。

最低限埋める項目

Firstname Lastname mailaddress(アカウント名のみでOK) password Org Unit Path

パスワードは簡易的に12345678とし、次回ログイン時にパスワードの変更を要求するのチェックを外して登録すると、簡易パスワードが有効のまま利用開始できる。

なお、CSVに書いたデータが、すでにあるユーザだった場合は、CSVのデータで上書きされる。

password Org Unit Path = 組織

組織を先に作成しておいて、 /組織名 で記入します。

ExcelでCSVファイルを作るときの注意

ExcelでCSV保存すると、文字コードが ShiftJISになります。これでは正常にアップロードできないため、作成したCSVをUTF-8にして保存しなおしアップロードします。

UTF-8での保存は、Windows標準のメモ帳ではできないため私はEmEditorを利用しています。

組織に転送先を設定する

その組織に所属する人宛てにメールが来た時に、指定のメールアドレスへ転送する事が可能です。私たちの環境ではこの機能を利用して検疫に使っています。

メニューの

アプリ → G Suite → Gmail の設定 → 詳細設定

転送の中で設定可能です。

様々な条件を複雑に組み合わせ、メールの送信先を変更したり、件名を変更したりなどが行えますが私は単純に、この組織にきためーるをそのまま転送するという設定を行っています。

1.影響を受けるメール

すべてにチェック

2.受信者を追加

配信先のメールアドレスを指定します。

保存した後、さらに元の画面に戻って保存します。

これやっておかないと設定が反映されません。