おすすめのネットワークカメラ

今回、180度撮影が可能なVivotekのカメラを導入したので、そのレビューをしてみたいと思います。

MS9390-HV

4メガピクセルのレンズを2つ搭載

シームレスな180°パノラマ映像

有効範囲20mの赤外線

基本性能はこんな感じで、高性能な逸品です。

また、音声入力も標準で搭載しているので、音まで聞こえます。

Vivotekカメラ管理アプリの特徴

vivotekでは、無料で複数の監視カメラを登録し、監視、さらに録画までできてしまうアプリが提供されています。起動したらデバイスの追加画面が出てきます。

同じサブネット内にカメラがあれば、自動的に検出できそうですが、うちの場合は、監視側と、カメラのIPアドレスが違うサブネットにあるので、プラスボタンを押してカメラを追加します。

この無料のアプリ機能は、設定画面を見ればどんな機能があるか想像がつきます。こちらが設定画面です。

録画、ユーザ管理、MAPとの連携、動体検知などのアラーム機能がありそうです。ただ、この中にはライセンスを購入しないと使えない機能もあります。

vivotekやそれを録画するQNAP製品だとちょっと、日本語に難があって、????といった表示なり困ったなという事もあるのでしが、VAST2はに本後カメラ表示もバッチリです。

サムネイル検索もできます。

QNAP/キューナップ TS-253Bとの連携

Vivotekのカメラは、QNAPのNASと連携可能です。NASを使ってカメラ監視画像を録画できるメリットは、

  • 場所をとらない
  • 大容量化が容易
  • モニタをつなげれば監視レシーバとなる
  • ファイルサーバと兼務できる

などがあります。

アプリの設定で、Surveillance Stationをインストールしておきます。

  • ライブビュー・アラート
  • 録画と再生
  • モバイルからも監視

などができるアプリケーションになっています。

もちろんですが、ログイン管理にも対応し、

カメラを設定する事で、多彩なレイアウトで、ライブビューを確認する事ができます。

TS-253Bには2本のHDDを搭載可能です。

QNAPのweb管理画面

QNAPのいいところは、web管理で遠隔操作できるところにもあります。QNAPに設定したIPアドレスをブラウザで開くと、QNAPの中が見えます。設定したアプリもここから操作可能になります。

ここでも Surveillance Station 画面を開く事ができますが、こちらの画面の方が優れているのが、日本語表示がしっかりできるところにあります。

古いネットワークカメラは使えるか?

Surveillance Stationは古いネットワークカメラでも使えてしまうのがすごいです。10年ほど前に購入した、Panasonic DG-SW316も見る事が出来ました。

ただ、自動登録の際ちょっとしたコツがありました。IPアドレスは80で良かったのですが、ポート番号が自動検出は72とよく分からないポートが指定され、「IPアドレスに間違いがあります」という良く分からないエラーが。

これを、80に書き換えてあげたら無事に認識してくれました。さらに古いBB-HCM735は何も書き換えず自動認識させてままの状態で認識できました。
Surveillance Stationは とっても良い子ちゃんです。

関連コンテンツ