CiscoとアライドをVLAN連携してさらにBuffaloの無線APにVLANごとのSSIDを設定する

Ciscoとアライドの L3,L2スイッチを連携してVLAN設定する事は出来ました。

今度はそれに加えて、Buffaloの無線LANを設定し、Buffaloの無線LANに任意のVLANにSSIDを割り当てます。

HUB3台を利用して、VLANを構築し、指定のポートでそのVLANの口を作成します。

さらにCiscoのCatalyst 3560 PoE24スイッチを利用して、Buffaloの無線LANアクセスポイントをぶら下げ、任意のVLAN IDとSSIDを紐づけ、そのSSIDに接続した人は、そのVLANネットワークに入れるという設定を行います。

q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B06XDBNJFG&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=technicallive-22

Cisco WS-C2960L-8PS-JP

アライド GS924M V2

Cisco Catalyst 3560 PoE24

アライドテレシス CentreCOM VT-Kit2 plus RS232Cケーブル/コンソールケーブルセット 0212R

q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B000QEIIOA&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=technicallive-22

シスコはIPを用いてtelnetし、アライドのHUB類は、コンソールケーブルを利用して接続しました。

さらに Catalyst 3560は、このアライドのコンソールケーブルが利用可能です。

Linuxでこのシリアルケーブルを利用する場合はこちらをご参考にしてください。

パスワード入力後 en コマンドにて特権モードに入りコンフィグを書き換える。

現在の設定確認

コンフィグ編集モードへ

現状のコンフィグ確認

コンフィグファイルとして保存されているのは?

コンフィグリセット

※この方法ではパスワードは初期化されません

起動時読み込むファイルの設定

VLAN設定

port1 が業務Wifiネットワークに接続できる事を確認

port2 がゲストWifiネットワークに接続できる事を確認

現状のコンフィグ確認

コンフィグファイルとして保存されているのは?

特権モードから編集モードに入る

VLANの設定

アライド GS924M V2とCatalyst3560の24ポート接続

port1 で業務wifiネットワークに接続できる事を確認

port2でゲストwifiネットワークに接続できる事を確認

設定を保存するのは、

ループ試験

スイッチ同士をループさせてみると

パソコンとつなげると

WAPS-APG600H の設定

結局ダメでした。

アライドと、CiscoのSW同士はうまくtagを解釈してVLAN構成できましたが、CiscoのPoEスイッチ配下にWAPS-APG600Hを置き、tagged設定を試みたものの、tagを解釈できない様子。SSIDごとのVLANに入るどころか、管理IDにも全くアクセスできない状況です。

ファームウェアも最新である事を確認しましたが、結局お手上げ状態で、Buffaloの無線APはちょっと特殊なのか?と思ってしまいました。

業務Wifi,ゲストWifiどちらとも無線LAN SSIDに接続はできるものの、そのVLAN IDネットワークに入る事は出来ませんでした。

今回の結論として、Buffaloのサイト上設定事例集を見たところ、BuffaloのL3 SWを利用すれば使えるのかな?という所と、web上にCiscoルータと接続してVLANしてますという情報が皆無で、これ以上の追及は難しいと判断しました。

まとめ

時間がない時にはお金をかけて、最新のもので、しかもメーカーを揃えた形で設定した方がいいよね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)