C# これなら分かる Linq 基本編4-3. メソッド形式と、メ ソッド形式を使う場合

VisualStudio2016にて、新しくプロジェクトを作成します。
ウィンドウにボタンを一つ配置して、下記のコードを記載。

動作
string.Reverseにて、IEnumerable型のvar qを作成し、string変数で指定した文字列を逆順に表示します

解説
メソッド形式を呼び出すことでクエリ式でサポートされていない、Reverse(順番を逆に入れ替える)事が可能になります。

using System;
using System.Linq;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;

namespace Linq
{
    /// 
    /// MainWindow.xaml の相互作用ロジック
    /// 
    public partial class MainWindow : Window
    {
        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();
        }

        class Person
        {
            public string Name;
            public int Age;
            public string Job;
        }

        private void Linq4_3_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            //IEnumerableとは 「アイ エニュメラブル」
            const string a = "タケヤブヤケタ!";
            var q = a.Reverse();
            //string.Reverse()メソッドにより、IEnumerable変数を作成
            foreach (var n in q) MessageBox.Show(n.ToString());

            //
            //List型や配列は、C# の開発環境のほうで、既に用意している反復子です。

            //
            // IEnumerable を使って作るクラスは、自分で作る反復子です。
        }
  }
}