Youtubeのライブストリーミングの商業利用について

youtubeでは手軽に動画の配信、オンデマンドのみならずライブストリーミングも無料で行えます。

さて、企業で利用してもいいのでしょうか?

商業利用については下記の規約があります。

以下に記載する商業目的に利用しないことに合意します。

本サービスに対するアクセスの販売

本サービスまたは本コンテンツ上またはそれらの中に掲載する広告、スポンサーまたはプロモーションの販売

本サービスにより提供される本コンテンツを含む、広告表示を可能にしているブログやウェブサイトにおける、広告、スポンサーまたはプロモーションの販売。ただし、YouTube以外から得られるマテリアルが同一のページに表示されており、かかるマテリアルが、広告、スポンサーまたはプロモーションの販売のベースとなるために十分な価値を有している場合を除きます。

利用規約

なので、上記以外であれば利用していい事になります。

アクセスの販売というのは、映像を受信する時に課金する仕組みがある場合の事です。なので、誰でも見れる形で映像を配信するのは問題がありません。

youtubeのアクセスリンクが貼られているホームページ上に、広告などがある場合は規定にひっかかる可能性がありますが、

大量の YouTube 動画を埋め込んだだけで、意図的に広告収入を得ようとするだけのウェブサイトは、利用規約に違反しているものと見なします。

Youtubeヘルプ

Youtubeのリンクを大量に広告収入を得る目的貼り付けたサイトはNGって事ですね。

商業利用可能と判断できる場合

上記を要約すると

youtubeの動画アクセスに課金制度を設けていない

大量に広告を貼り付けた広告収入を得るためにyoutubeコンテンツのみを配置したサイトでない

場合は、商品の説明や、イベント情報などを掲載しても特に問題なさそうです。

特に事業に関する広告はセーフだと思われる

禁止される商業利用には、以下は含まないものとします。

オリジナルの動画をYouTubeにアップロードすること、自己の事業又は芸術的活 動を促進するためにYouTube上にオリジナルのチャンネルを維持すること

Youtubeヘルプ

コメントで商業勧誘しちゃダメ

本サービスにより提供されるコミュニケーション・システム(例えば、コメント、メール等)を商行為についての勧誘の目的で使用しないことに合意します。お客様は、本サービスのユーザーを、その本コンテンツに関連して商業目的により勧誘しないことに合意します。

Youtubeヘルプ

コメントなどを利用して勧誘する・商売するのはNGですね。

利用者側から見ての禁止事項

映像配信者側の権利を守る条項が見られます。

ライセンサーからの事前の書面による同意なく、コピー、複製、送信可能化、出版、翻案、配布、放送、表示、販売、ライセンス付与又はその他一切の他の目的のために利用されてはなりません。

Youtubeヘルプ

コピーとか、配布、その動画を販売するとかはダメですよって事ですね。

動画拡散により中傷されてもyoutubeを攻める事はできません

お客様が不正確、侮辱的、下品又は不快な本コンテンツにさらされる可能性があることを理解してこれを了承し、これにつきYouTubeに対して有する又は有する可能性のある法的又は衡平法(エクイティ)上の権利又は救済方法を、放棄することに合意してここに放棄し、お客様による本サービスの利用に関連する全事項に関して、法令上最大限可能な限り、YouTube、その所有者/運営者、関係者及び/又はライセンサーを補償し、損害を与えないものとします。

Youtubeヘルプ

ま、当たり前といえば当たり前ですね。

世に自分の主張をだすわけですから、非難されても、侮辱されてもそれはyoutubeに責任はないわけで。

動画はライセンスを所有するもので

これも当たり前ですけど、自分のオリジナルな映像を出さなくてはいけませんね。何かをコピーしたり、著作権がかかるものを勝手に配信するのは問題です。

お客様は、お客様が、本コンテンツを公開するために必要なライセンス、権利、同意及び許可を有していることを確認、表明及び保証します

Youtubeヘルプ

Youtubeにライセンスを付与

お客様は、YouTubeに本コンテンツを投稿することにより、YouTubeに対して、本サービス及び YouTube(並びにその承継人及び関係会社)の事業(本サービス(及びその派生著作物))の一部又は全部の、あらゆる媒体形式による、あらゆるメディアチャンネルを通じてのプロモーション及び再配布を含みますが、これに限られません。)に関連して、世界的、非独占的、無償、サブライセンス可能かつ譲渡可能な、本コンテンツの使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示、出版、翻案、送信可能化及び実演に関するライセンスを付与します。

Youtubeヘルプ

Youtubeに対してコンテンツの使用を全面的に認める事が条件ですね。

関連コンテンツ