「ファイル履歴を使用してバックアップ」ができない。ユーザー ライブラリ の変更のスキャンと変更されたファイルのバックアップを実行できません

標準最強ファイル履歴

Windows10に標準で搭載されているファイル履歴機能。

バックアップ領域に十分な大きさがあれば、変更した時点のファイルを履歴として永遠と保存していってくれるため、途中段階のファイルを復元する事も可能です。

いつの間にかエラーでバックアップできない状態に

裏で動き続けてくれているので、気にしていませんでしたが、いつの間にかバックアップができなくなっていたようです。

MicrosoftWindowsの標準機能で、ファイル履歴を作成しようとすると、すぐに終わってしまうというか、何事もなかったかのようになって動作していません。

イベントビューワのエラーメッセージ

構成 C:\Users**\AppData\Local\Microsoft\Windows\FileHistory\Configuration\Config でユーザー ライブラリ の変更のスキャンと変更されたファイルのバックアップを実行できません

原因について

Microsoft情報によると、

全角英数字と半角英数字で区別される同じ名前のファイルが存在する場合に、「Windows 10」のファイル履歴のバックアップフォルダが正常に作成されない。

仕方がないので、一つ一つのフォルダの中を探そうと思ったけどフォルダとファイル数が膨大で、とても人力でできるファイル数ではありません。

同じフォルダ内にある重複ファイルの見つけ方

フリーソフトを使ってファイルをリスティングします。

FolderFileList

にて、フォルダの中のファイルリストを作成。このソフトだとHTMLで表形式で保存できるので、その表をExcelにコピペする事で、フォルダ階層付きのファイル名表示が可能になります。

フォルダファイルリストを半角に揃える

=ASC(セル)

関数を使ってフォルダファイル名を全て半角に統一します。

=COUNTIF(範囲,条件)

を使ってファイル名の中に全く同じものがないかをカウントして突き止めます。

まとめ

上記方法で見事に見つかりました。

201509会議議事録.doc

201509会議議事録.doc

というファイルです。Windows上では全角・半角文字は認識でき同じフォルダの中に入っていますが、ファイル履歴機能ではこれが悪さをするようです。名前を変更する事で無事にバックアップできるようになりました。