攻めの防御 サイバーインテリジェンス

誰がどこらどう攻撃してくるのか?
攻撃してくる敵に関するう情報が「サイバーインテリジェンス」

敵の出方を知り、あらかじめ手を打つ必要がある。

攻撃者は誰だ
最も狙われる国、日本
標的型メールを受信した顧客の割合が最も高いのが日本

国家を背景とした犯罪組織
金銭目的
個人情報目的
知的財産目的
防衛情報目的
スパイ目的

インテリジェンスを核としたサービス・製品が続々登場
インテリジェンス提供サービス
セキュリティの遠隔監視・管理サービスの強化
分析・管理製品の強化
セキュリティ製品の強化

APIでもインテリジェンスを提供