Windows2019Srvをインストール DVDではできないのでboot USB

Windows2019 Srv Standardを、Dell PowerEdge230にインストールしてみました。まずは、インストールメディアを作成するところから苦労したのでその記録です。

VLSCからダウンロード

ボリュームライセンス契約をしているので、VLSCにログインしWindows2019サーバを選択してダウンロードしようとしました。すると、容量が5GB超えてる(;゚Д゚)

これは、どうしたものかと。

片面一層のDVDくらいしか持ってないし。

そこで思い付いたのがUSBブートすればいいかという事でした。

ISOファイルからUSBブートイメージ作成

ISO to USB

 ISOイメージファイルをUSBストレージデバイスへ書き込むことのできるツール。書き込むISOイメージファイルとターゲットとなるドライブを指定して[Burn]ボタンを押すだけの簡単な操作で、ISOイメージファイルをUSBメモリへ書き込むことができる。

窓の杜

VLSCからWindows2019のISOイメージファイルをダウンロードし、そのISOファイルからブートイメージをUSBに作成しました。

boot する時のファイルシステムはFAT32 と思い込んでいたのですが、どうやらFAT32でやったらダメだったみたいです。途中で、エラーがでてしまい書き込みが終わらない。

USBメモリがいけないのか?など、HDDに変えてみたりしましたが、HDDだともちろんFAT32で1つの容量っというわけにはいかず、ISO to USBは、ISOイメージ書込みの時にかってにFDISKしてしまうようで1つの容量にまとまってしまって、FAT32でエラーみたいな感じでした。その他のフォーマットでも試してみましたがダメで、

やっぱり駄目で。

RufusでISOイメージ書込み

結局Rufusを使う事にしました。

パーティション構成はデフォルトでNTFSとなったのでそのままISOイメージをUSBメモリに書き込んだところ無事完了。

今、思えばRufusが良かったというよりは、NTFSを選んでおけばちゃんとインストールできたのかもなぁと思った所です。

ブートイメージが無事作成完了

Windows2019 Srvはあっけなくインストール完了

ブートイメージさえできてしまえば、インストールに困る事はなく無事に完了しました。