Ciscoハブと、NetgearハブのVLAN接続試験

ネットワーク構成

今回試験したネットワーク構成はこんな感じです。

VLANを駆使して利用します。

WS-C2960L-8PS-JPの設定

Cisco WS-C2960L-8PS-JPの8ポートにタグVLANを設定し、Netgear GS108PEv3を接続します。

interface GigabitEthernet0/8
 description -- Network VLAN TEST
 switchport trunk allowed vlan 210,230,1000
 switchport mode trunk
 mls qos trust dscp
 srr-queue bandwidth share 255 50 25 25
 priority-queue out 
 spanning-tree portfast edge trunk

8ポートと、Netgear GS108PEv3の8ポートを接続します。

NetgearHUBの初期設定

LAN接続しない状態で、ブラウザ192.168.0.239でアクセス可能

初期パスワード password

NetgearHUBの初期化

1.本体のリセットボタン(8番ポートの隣にある、小さな丸いスイッチです)を
ペンなどの先の細いもので10秒ほど押します。
2.TESTランプが光るので、消えれば初期化完了です。

初期化方法を教えてください。

802.1QベースVLANの設定

タグVLANを設定します。

VLAN ⇒ 802.1Q ⇒ VLANメンバーシップにて、TagポートとUntagポートを作成します。Tと書かれたポートがTagedです。

VLAN IDを追加します。

ここではVLAN ID 210,230,300 を追加しました。

各ポートにVLAN IDを割り当てます。

VLAN IDをプルダウンで選択し、それをどのポートにTagedにするか、Untagにするかを選択して適用します。

GS108PEv3設定のtagvlan要所

VLAN設定にて、VLAN IDを追加し、そのVLAN IDにVLANメンバーシップにてポートを割り当てます。割り当てたポートはVLAN設定にて一覧する事が出来ますが、どのポートがUntag,Tagedかは確認する事は出来ません。

VLANメンバーシップにて Tと表示されるのはTagedで、Uと表示されるのがUntagになります。

また、Untagを設定しただけでは物理ポートへのVLAN ID割り当てになりません。Untagにし、さらにPort VLAN IDを割り当てる必要があります。以下では、1ポートに、VLAN210を割り当てています。さらにVLANメンバーシップにて1ポートにVLAN210をUntagで設定し、これで物理的にポート1はUntag VLAN 210で動くようになります。

最初、このPVIDの使い方が分からずに、思った通信ができなくて焦りましたが、やはり物理的にUntagポートをつくるのは1つのポートに対して1つって事になります。

WAPS-APG600Hの設定

GS108PEv3の、2ポートから4ポートに割り当てた、VLAN230を、WAPS-APG600Hに割り当ててあげます。WAPS-APG600HはTagがしゃべれる無線LAN APです。

RADIUSサーバにアクセスさせます。

802.11gのSSIDとVLANモードと、VLAN IDを設定して、SSIDとVLANを紐づけます。

SSIDとその認証方法を設定します。WPA-EAPを設定する事でRADIUS認証となります。

Vivotek IB8369A の設定

同じセグメントにいるIB8369Aの設定は、Installation Wizard 2を利用します。

初期設定の仕方はこちら

Netgear GS108PEv3の1ポート、ネットワークカメラのVLAN ID230 Untagを設定し、PVIDにも230を設定して接続して、無事にタグVLANネットワーク越しにカメラへアクセスできるようになりました。