Office365デスクトップアプリOutlookでメール送信時BCCに自分の宛先を自動的に入れる

Office365で、というか普通のOutlookで、メール送信時、BCCに自分のアドレスを入れる方法です。Thunderbirdを利用していた時は、簡単に設定できたので、Outlookではこうやったらできるという方法です。

CCに自動的にメールアドレスを入れたい場合

ルール機能を利用する

新しいルールを作成し、送信メッセージにルールを適用します。

このコンピュータで送受信を行った場合のみ

条件を指定できます。

このコンピュータで送受信を行った場合とすれば、基本的に自分のパソコンからOutlookを立ち上げて送信するメールすべてに適用されるようになります。

CCに追加

メールを送信するときにCCに自動的にアドレスを追加してもらいます。

BCCに宛先を入れたい

上記ルールの設定で、BCCも設定できればいいのですが、、、。(+_+)

残念ながらできないようで、やっぱりVBAを利用して設定する必要があるようです。

詳しくはこちら

証明書を作成

C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office16

SELFCRETを実行して、自己証明書を作成します。これがないとマクロが動きません。

マクロの設定

すべてのマクロに対して警告を表示する

これを設定しておかないと、今から設定するVBAが動きません。

VBAを書く

Outlookが起動している状態で、Alt + F11キーを押して、コードエディタを起動しコードを入力します。

Private Sub Application_ItemSend(ByVal Item As Object, Cancel As Boolean)
Dim objMe As Recipient
Set objMe = Item.Recipients.Add("ここにメールアドレスを入れる") 
objMe.Type = olBCC 
objMe.Resolve 
Set objMe = Nothing
End Sub

自己証明書を指定する

コードエディタのツール → デジタル署名

最初の手順で作成した自己証明書を指定します。

まとめ

CCまたはBCCに、メール送信時自動的にメールアドレスを入れる方法は2通りあります。

1.CCに自動的にメールアドレスを入れたい場合はルールで設定可能

2.BCCに自動的にメールアドレスを入れたい場合は、VBAにてマクロを作成する