Windowsムービーメーカーに代わるもの。標準アプリ「フォト」で決まり。

Windowsムービーメーカのサポートが終了し、久しい今日この頃です。大体になる軽くて使いやすいアプリないかなと思っていたら、Windows10標準の「フォト」でムービー編集できるじゃないですか。びっくりです。

フォトでできる事

オフィシャルサイト

フォトが新しくなりました。思い出の写真やビデオをもっと楽しめます。Windows ムービーメーカーでビデオ編集を楽しんだみなさまなら、フォトをきっと気に入っていただけると思います。

テーマを選ぶのも、サウンドトラックを選ぶのも、自動ビデオ編集もワンクリックで。初心者からプロまで、フォトならかんたんに映像が作れます。

ビデオを自動的に作成

なんと、ビデオを自動的に作成する今はやりの機能もついてました。

ビデオを作成する最も簡単な方法は、その作業をフォト アプリに任せることです。フォトで、[作成]、[ビデオのリミックス] の順に選択し、追加する写真とビデオを選択します。または、アルバムを開き、再生ボタン を選択して、ビデオを自動的に作成します。Remix it for me を選択すると、すぐに画像、音楽、スタイルが組み直されて外観が変わります。

ビデオの映像と音をより細かく制御するには、[コピーの編集] を選択します。テキスト、音楽、モーション、フィルター、3D 効果を追加するためのオプションが表示されます。

ビデオを最初から作成する

もちろんビデオを最初から作成することだってできます。

最初から最後まで編集できる新しいビデオを作成するには、[作成][ビデオ プロジェクト] の順に選択します。追加する写真とビデオを選び、[追加] を選択します。次に、ビデオに名前を付けます。

追加した各写真や各ビデオ クリップの見た目や雰囲気を変更するには、下部で目的のクリップを選択し、[トリミング]  (ビデオ クリップのみ)、[フィルター][テキスト][モーション] などのボタンを選択します。フィルター、音楽、テキスト スタイル、モーションを変更するテーマをビデオ全体に一度に適用するには、[テーマ] を選択します。

ビデオプロジェクトの作成

以前のムービーメーカーより、ビデオプロジェクト管理機能が優れていると思います。以前は、プロジェクトファイルを保存して自分で管理する必要がありましたが、フォトアプリ内でしっかり管理できます。

写真やビデオ素材を並べるだけ

ビデオ制作初心者が迷わず使える素材管理と、その素材を並べるだけでビデオが作成できます。

写真の表示間隔設定

1枚、1枚の写真の表示間隔を設定する事も可能だし、以前のムービーメーカーのようにテキストを付与する事もできます。

ただ、残念なのが、1枚の写真に対してテキスト付与ができるのですが、テキストを流し続けることはできないんですね。ここ、機能改善してほしい。

ムービーメーカになかった機能

効果や、キャラクターを動画に乗せて動かすことができます。

まとめ

ムービーメーカがなくなってちょっと困っていたのですが、標準アプリケーションでここまでできれば十分納得です。写真や動画素材を並べて音楽つけるくらいの動画編集ならだれでも簡単にできますね。