HTTPリダイレクト IISやApacheで行う方法

IISで実現

機能の追加が必要です。サーバの役割の選択から、HTTPリダイレクト機能を追加します。

HTTPリダイレクト機能を追加すると、

HTTPリダイレクト機能が使えるようになります。

ここに、

転送したい先のURLを記入するだけでOKです。該当のディレクトにアクセスすると、即座にリダイレクト先に要求がリダイレクトされます。

使っている側はあまりリダイレクトされているという感覚なく転送先にアクセスできます。

Apacheでリダイレクト .htaccessを利用する

飛ばしたいディレクトリ配下に.htaccessを置きます。

RewriteEngine on

RewriteCond %{http_host} ^technical.live-on.net
RewriteRule ^(.*) https://techlive.tokyo [R=301,L]

こちらにアクセスすると、すぐにリダイレクトしてくれます。

こちらも、リダイレクト先への転送時間はあまりかからずストレスを感じません。また、ドメインごと転送している形を作れます。

HTMLにリダイレクトを書く場合

レンタルサーバで、.htaccess設置を許可していない場合などは仕方なくhtmlに記載してジャンプさせます。

ただ、ジャンプするまで、一度ブラウザに読み込んでからという事もあり時間がかかります。

<HTML>
<HEAD>
<meta http-equiv=”refresh” content=”0;URL=https://techlive.tokyo”>
</HEAD>
<BODY>
<a href=”https://techlive.tokyo”>techlive.tokyo</a>
</BODY>
</HTML>

一瞬、このホームページが見えて、しばらくしてからジャンプする形になります。0秒指定でもやっぱり一度HTMLを読み込んでwebブラウザで解釈してからの転送になるので、上の2つのリダイレクト方法より時間がかかります。

あまりスマートでないためこちらの方法はあまりお勧めできないです。