さらくのSNAPUP 無料でサイトのバックアップ

900円/月が無料で使える!

さくらのレンタルサーバーで、500円のスタンダードプランを利用していると、月額900円のバックアップ・ステージングができるSNAPUPを利用させてもらえます。

これってすごいです。

プラグイン・テーマなどの更新時にサイト構成が崩れた

PHPをバージョンアップして影響が出ないか調べたい

などの時に、事前に試すことができたり、万一の場合復元もできるんです。

SNAPUPを利用する

さくらのレンタルサーバー、コントロールパネルより

Webサイト/データ → バックアップ&ステージングSnapUp

より、SnapUpの利用を開始する事が出来ます。

利用を開始すると、以下のSnapUp Severが出来ています。

www3963.sakura.ne.jp

ができたSnapUp Serverです。

さくらのレンタルだとここで楽できる

SnapUpにADD SERVERする際に、さくら以外を契約し、SnapUpを別に契約すると、レンタルサーバへのSSH接続設定などをSnapUpに登録しなければなりませんが、さくらのレンタルサーバーとSnapUpはここがうまく連携されていて、利用を開始すればすぐにSnapUpにサーバが追加されている状態になります。

ロリポップだと、下記の通りの作業が一つプラスで必要です。

ま、大した手間でもないですけど。

さくらのレンタルサーバ

サイトを追加する

追加されているサーバをクリックすると、サイトを追加する画面が出てきます。

サイトを追加する際には、WordPressを選択するのがポイントとなります。

ここで、WordPressを選択すると、ステージングサーバにもWordPressが反映されて、テスト的にwebサイトを構築したりすることが可能です。

スナップショット

その時のサーバの状態をそのままコピーする

ステージング

スナップショットしたサーバを稼働可能なサーバに移行してテスト可能な状態とする

ステージングサーバの作成

ここで、PHPのバージョンなどを指定できるので、そのPHPのバージョンで動くのか?などの確認が取れます。

サイトを追加した時にWordPressを指定しておくと、ステージングサーバにWordPressが設定されます。

ここに、スナップショットをセットします。

ステージングサーバにスナップショットをセット

作成したステージングサーバに、スナップショットをセットするのはとっても簡単です。ステージングサーバへセットボタンを押したら処理が完了します。

右上に出てくるURLをクリックすると、ステージングサーバにあるサイトにアクセス可能です。ここで動作を確認して問題ない事を確認できます。

不要になったステージングサーバの削除

不要になったステージングサーバは削除可能です。

複数サイトの登録も可能

驚いた事に、複数サイトの登録も可能になっています。これはすごい。ちょっと感激ものでした。制約としては、スナップショット数が8個までという事です。