PoE Hub購入には注意!受電駆動

えー

PoE電力中継パススルーのHUBって知ってました?

ショックぅ

PoE 15.4W給電 ギガビット5ポート アンマネージプラス・スイッチ(PoE受電駆動 / PoE電力中継パススルー, VLAN, QoS)

GS105PE

この製品ACアダプタついてません。これ自体も、PoEを受電して駆動します。こんな製品あるんですね。あー無駄な出費をしちゃった。


いやー自分の知らない製品を調べて買うのは怖い事ですね。PoE給電Hub自体は購入した事があり、今も使っているんですが。パススルーでは、この製品単体で電源供給できない(^^;

関連コンテンツ

Googleスプレッドシートを串刺し計算

Googleスプレッドシートで串刺ししたい要件が出てきました。

どうも、Excelライクに=を入れて、他のシートを参照してって事はできないみたいです。

計算式を自分で入力する必要があります。
シート名とセルの参照
’シート名’!セル名

=SUM(‘シート名1′!C3,’シート名2′!C3,’シート名3′!C3,’シート名4’!C3)

こんな感じで各シートのセルを指定します。これ手入力する必要があります。
ちょっと面倒ですけど、串刺し計算可能です。

GoogleスプレッドシートはGoogleドライブからダウンロードすると勝手にExcelになってくれます。また、ExcelファイルをGoogleドライブへアップロードすると、そのままスプレッドシートで開く事ができます。上記シート名の参照なども勝手に変換してくれるので便利です。

関連コンテンツ

メモリービデオカメラ 光学40倍

JVC(ビクター) ★限定特価★ GZ-E155-B [ハイビジョンメモリームービー]
販売価格:\18,800(税込)

http://www.e-trend.co.jp/camera/150/1577/product_1099120.html
フルハイで撮影可能

安くなったもんです。子供の運動会とか発表会があると欲しくなりますよね。
ビデオカメラは、高額ズームが魅力です。

関連コンテンツ

レンタルサーバ ロリポップvsさくら 性能比較してみた

レンタルサーバを業務利用したいと考えています。

WordPressで、ホームページ公開です。最初に試したのは、ロリポップになるので、ロリポップびいきになってしまうかもしれませんが、全体的にロリポップの方がホームページ構成も分かりやすい。

無料期間というのも完全に打ち出されているので、安心してサイト構築を進められるのですが、さくらの場合は、請求金額が表示されて、これって本当に無料になるの?とちょっと不安になりました。

ロリポップは、すぐに開設されて設定ができるのに対し、さくらは、しばらくサーバ設置完了のメールを待たなければなりません。ちょっと手順を間違ったかなと思いました。さくらは、まずサーバ設置作業が必要です。支払内などの基本情報画面がトップになっています。

WordPress構築についても、ロリポップは一手順で作成できますが、さくらはまずMySQLのDBを作成しなければなりません。作成後WordPressのインストールが可能になります。これもロリポップで一手順を経験しているため、まどろっこしいなと感じたところです。

メニューもロリポップはツリービュー形式になっており、クリックするとメニューツリーが開いていくので、直感的に機能にたどり着きやすいです。

どちらも電話問い合わせ窓口があります。ロリポップは一般電話、さくらはフリーダイヤルです。ロリポップは、電話をかければすぐに担当窓口とつながります。今まで3回かけましたが、一度もつながらない事はありませんでした。さくらはそこまで使い込んでいないので電話していません。さくらの方がフリーダイヤルも完備しているので有利ですけど、僕はカケホーダイ携帯も持ってるしなぁ。そんなに電話かける事もないし。それからロリポップの問い合わせフォームへの返答も丁寧で分かりやすかったです。

load impact サイトを利用して、負荷をかけ両サイトを比較してみました。

5分間で100View Userになるように設定しました。

さくらは平均800msくらいの応答速度、ロリポップは平均350msくらいです。ロリポップの方が、応答早いですね。サイトにモジュール化PHPで高速と書いてありましたけど、ロリポップの方が倍以上速いのでいいですね。

さくら

sakura

ロリポップ

loadimpact01

最初にロリポップをテストしたからか、ロリポップびいきな判定になってしまいましたが、色々と試験してみて、やりたい事がすべてできる、性能がいい、ユーザーインターフェースが洗練されている事から、僕が使うならロリポップだなぁと思いました。やっぱり、ユーザインターフェース大事ですよね。とりあえず、プラグインなどいろいろ試してみ、やりたいことがすべてできるので、これ以上さくらをテストする気になれません。(面倒だもん)

って事は、なぜロリポップを最初にテストしたかっていうと、容量が120GBと、さくらよりも上回っていて、SSD利用高速をうたっていたからでした。このカタログスペック時点でロリポップの方が勝っていたからです。

関連コンテンツ

WordPress管理画面でURLを変更したら501エラーが出たー!

ショック‼ WordPressの管理画面でURLを変更したら501エラーが出てアクセスできなくなっちゃった。

そんなときは、phpMyAdminから、テーブル内のレコードを変更するとアクセスできるようになる。

phpMyAdmin01

テーブル名

**_options

フィールド名

siteurl
home

のoption_valueを正しいものに変更する。

関連コンテンツ

WAF機能の設定除外 レンタルサーバ ロリポップの場合

レンタルサーバロリポップで、WAF機能を有効にしていた場合、スマートフォンWordPressアプリから、動画の投稿ができなかった。

ログ
words.chips.jp/wp01//xmlrpc.php
xss-onX-8

WordPressのスマホ投稿は、xmlrpc.php機能を利用する。その際に、おそらくクロスサイトスクリプティング(xss)攻撃と間違われているのではない
か?WAF機能のxss-onX-8という定義に合致してしまっている。

WAF機能を無効にすると、全体的にWAFが使えなくなるので、これを.htaccessにて除外する。

SiteGuard_User_ExcludeSig xss-onX-8

関連コンテンツ

WordPressを高速化する?ホームページの表示速度を調べる。

WordPressは表示が遅いと書いてあるサイトがあった。

気になったので自宅サーバの表示速度を確認してみた。

Performance01

いや、遅くない。

だいぶいい感じ。Orange Pi PCも結構性能いいと思われる。まだ、まだ自宅サーバでいける。

今回性能測定したサイト。表示速度が気になる方は測定してみたら?

Screenshot of gtmetrix.com

関連コンテンツ

リースには動産保険が

リース契約には基本的に動産保険がつきます。

ちょっと驚きだったので。

○保険金が払われる損害
火災
落雷
建物外部からの衝突
取り扱い上の過失
破損
盗難
破裂・爆発
労働争議などによる暴行

関連コンテンツ

レンタルサーバ ロリポップWordPressを使い倒す

レンタルサーバロリポップにWordPressをインストールした。

反応速度はいいし、100セッションくらいなら全く速度低下が見られなかった。

今日はプラグインを入れて設定してみる。

Import users from a CSV file

User Role Editor

User Access Manager

プラグインを入れてみる。インストールおよび、有効化は問題なく終了。

User Role Editorで新しい権限を作成する。日本語化したいのでロリポップSSH接続を有効にし、Teratermで接続。問題なくシェルが動く。さらに、WinSCPで、wp-content/language/plugin に、user-role-editor-ja.moを突っ込むと、そのまま動く。権限の設定などもうまくいっているみたい。

User Role Editorで権限を作成し、User Access ManagerでUser Role Editorで作った権限を割り当てたグループを作成、さらにカテゴリを作って、カテゴリにはグループを割り当てる。最後にImport users from a CSV fileで、User Role Editoriで作ったユーザをインポートすれば、そのカテゴリだけが見れるユーザが作成される。ローカルサーバにインストールしたWordPressと同じ挙動でインストール可能だった。

ユーザ権限の詳しい設定方法はこちら

当たり前だけど、テーマも簡単にインストール可能。いやーやっぱ、快適に動くかも。

Ktai Entryをインストール有効化

Ktai Entryにはバグがあり、メールの定期読み出しができない。バグというか、最新のWordPressの仕様変更のせいだと思う。Ktai Entryを利用するには一抹の不安があり、アプリの更新が終わっているところ。メール定期読み出しをするためにはCRON設定をしなくてはいけない。ロリポップは至れりつくせりで、1分ごとの読み出しが可能!

Ktai Entryの詳しい設定方法はこちら

Downloads Manager も無事動く

ファイル容量の変更は?ロリポップモジュール版のphp.iniは変更不可能なので、ファイルアップロード容量を変更しようと思っても、当然と言えば当然かもしれないけど、ちょっと制約されるなぁ。デフォルトのファイルアップロード容量は100MB。これ以上の変更はできない。

.htaccessへの記載
php_value max_excution_time 600
php_value upload_max_filesize 500M
php_value post_max_size 500M

が効かない。

WordPressプラグイン 「BF Click Counter」もちゃんと動く

ロリポップでは、ロリポップ以外で管理しているドメインにAレコードを追加してロリポップのサイトを表示させることが可能

えー、ロリポップに設定したWordPressサーバに対して、スマホWordPressから投稿してみる。テキスト投稿、写真の投稿はできたのに、なぜか動画投稿ができない。同じ動画を、パソコンからメディアを追加したら投稿できた。ちなみにiPhone標準のMOVファイル。なぜだ!PHPの設定や、PHPのモジュール設定、色々疑ったが、結局はWAFが原因だった。ロリポップはWAFが標準装備。

WAFが原因だった。WAFログにiPhoneからの投稿が掲載されてた。これにブロックされてたみたい。これを無効にしたら無事動画投稿ができるようになった。うーん。残念。明日サポートに聞いてみよう。

関連コンテンツ

NTTビジネスWiFiのメリット

NTTは、中小企業のネットワークサポートにも力を入れている
NTTビジネスWiFiのメリットは

1.一括設置・管理・電話サポート
2.遠隔サポート
3.来客用のSSID設置可能

が売り。

初期設定・配送費 12,000円
5年利用プランで月額2,400円

コンピュータ関係に詳しい方がいないけど、安全にWiFiを運用したい時に利用する

http://flets-w.com/solution/wi-fi_service/

関連コンテンツ