業務利用されるVR

2016年はVR元年と言われる
ゲームの世界だけでなく、業務利用されるようになってきた
ヘッドマウントディスプレーや、全天球型カメラ

CTスキャンデータ
3Dプリンターで模型を作成
VR映像変換して、体内を確認しながら手術

ダム工事など難しい危険な工事にもVRを用い、予め転落事故などを体験して危機意識を高める。

内装の変更などもVRを用いて完成後を見回る事ができる。