リモートデスクトップ ユーザCAL はモラルライセンス

リモートデスクトップライセンス、ライセンスをインストールし直してみた。

リモートデスクトップライセンス ユーザCalはモラルライセンス

デバイスCAL
ユーザCAL

の違い。結果として調べた通りだった。

ユーザCALをインストールすると、ライセンスを消費しているのは分からない。デバイスCALのように接続している端末が出てこない。

デバイスCALの場合、クライアントがアクセスに来ると、ライセンスが消費され、一時発行分と購入した分のCALに分かれ、購入した分のCALでまかなえなかったものは一時発行されるようだが、しばらくするとCALがないといわれ、接続できなくなる。

今回はWindows2012 RDS UserCALを購入した。

Windows2008Server Standard にインストールするが、今までデバイスCALで登録してあったのだが、うちの使い方では、1人が複数台の端末からリモートデスクトップでアクセスするのでそれだったらUserCALを購入した方が安くなるんじゃない?と今回CALを買い直したところだった。

Windows2008ではアプリケーション上からTSライセンスサーバを再構築する事ができないため一度ターミナルサービス、TSライセンスサーバを削除し、再起動、再度インストールし直したところ、きれいさっぱり以前インストールした情報は消えていた。

Windows2012RDS CALは量販店からの購入で、直接TSライセンスサーバにインストールしようとしても無効なIDという事で跳ねられた。Windows2008ライセンスにダウングレードしなきゃいけないからだと思う。電話での認証に切り替え、Microsoftに電話し、新しくIDを聞いてそれを入力したら無事にインストールが通った。よかった。デバイスCALからユーザCALに切り替えるのはサーバの再インストールまで必要だったら大変だと思っていたけど、再構築機能のないWindows2008サーバでもうまく切り替える事が出来た。