無償UTM untangle routeの設定

インターネットルータとして動作させる場合、出口に置くと、パケットの戻りあてにちゃんとルートを書きたくなります。

設定 ⇒ ネットワーク ⇒ ルーター

の設定欄に、スタティックルートを追加できるようになっています。

例えば

ネットワーク 192.168.15.0
ルータアドレス 192.168.120.254

※コマンドでは以下に相当する

up route add -net 192.168.15.0 netmask 255.255.255.0 gw 192.168.120.254

と設定すると

[root @ untangle] ~ # route
カーネルIP経路テーブル
受信先サイト ゲートウェイ ネットマスク フラグ Metric Ref 使用数 インタフェース
192.0.2.0 * 255.255.255.252 U 0 0 0 br.lxc
192.0.2.200 * 255.255.255.252 U 0 0 0 utun
192.168.15.0 192.168.120.254 255.255.255.0 UG 0 0 0 br.eth0
192.168.120.0 * 255.255.255.0 U 0 0 0 br.eth0
192.168.120.1 * 255.255.255.255 UH 0 0 0 br.eth0
[root @ untangle] ~ #

このようにちゃんと、ゲートウェイが追加されます。
これでroute設定もばっちりです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)