SQL Server Compact Edtionに未来はない-Unicode文字化けについて

SQL Server Compact Edtion

Visual Studio 2013から、SQL Server Compact Edition に接続できなくなり、だいぶ時も立ちました。

かろうじて、こちらを利用してメンテナンス続けています。

Visualstudio 2016 SQL Server Compatを利用したい

以前作ったアプリケーションはまだ残っており、いまだにメンテナンスしています。最近、海外のお名前をCompact Edtionの中に放り込んでおいて文字化けの情報がありました。

ううん、今更感が否めませんが、一応覚書として。

PostgresDB上で管理している名前はUTF-8を利用して文字を格納しています。これを、SQL Server Compact 3.5のSDFの中に格納し、持ち歩くという事をしていますが、この格納する時に問題が生じてました。

まさにこれ。

NVARCHAR/NCHAR データ型の列に格納されるデータが?になる

名前フィールドの方は nvarchar にしていたものの、格納時にN”プレフィックスをつけていないせいで、Unicodeの文字コードに変換されていないため?となってしまいます。

ちょっと今から改修するには労力かかりすぎるので、SQL Server Compactの利用をやめ他の方法を検討した方がいいなと思っているところです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)