超簡単サイトマップの作成とGoogleSearchConsoleへの登録方法

さらなるアクセス数を目指して

私のサイトのアクセス流入は、Googleサーチエンジンで検索し、上位表示されたものが、ほとんどです。

覚書として始めたわけですが、たくさんの人のお役に立てていると思えばちょっと嬉しい。これを少しでも皆様の目に触れていただくためにはという発想から、Googleが探しやすいというのが一つのポイントになります。

サイトマップを提出する

Googleに探しやすくしてもらうためにとれる方法がサイトマップ(どこにどのページがありますよという地図的なもの)を提出するという方法です。

プラグイン

Google XML Sitemaps

Google、Bing、Yahoo、Ask.comなどの検索エンジンがサイトのインデックスを作成するのに役立つ特殊なXMLサイトマップを作成するためにSEOを大幅に向上させることができます。

このようなサイトマップを使用すると、クローラがサイトの完全な構造を見て、より効率的に検索できるようになります。このプラグインは、WordPressで生成されたすべての種類のページとカスタムURLをサポートしています。さらに、新しいコンテンツについての投稿を作成するたびに、すべての主要な検索エンジンに通知します。

特徴

サイトマップ自動更新

検索エンジンへ自動提出

GoogleXMLSitemap設定方法

インストールしたままで基本的に利用できる状態になっています。

https://www.techlive.tokyo/sitemap.xml

にアクセスするとサイトマップができている事が分かります。

このURLをGoogle Search Consoleに設定します。

追加に成功すると、ステータス「成功しました」となります。

sitemap.xml即時更新

嬉しいのは、このプラグインを利用すると、何もしなくてもページのURL更新などを行うとsitemap.xmlを自動的に即時更新してくれます。

「対象範囲」の問題

これでうまくいったかな?とおもいきや、Google Search Consoleより問題が検出されたとメールがありました。

Googleの規定に違反するようなサイトが見つかったのか?と思ったのですがそうではないようです。

送信された URL に noindex タグが追加されています

Google Search Consoleを開いてみました。

送信されたURLにnoindexタグが追加されています。

というエラーです。該当ページは、先日追加した sitemap.html です。よく考えてみると、プラグインGoogleXMLSitemapで作成したサイトマップはxmlで、今回問題になっているのはsitemap.htmlでした。

勝手に作られるsitemap.html

GoogleXMLSitemapには、sitemap.xmlを作成してくれる以外にも、sitemap.htmlを同時に生成してくれます。これが、sitemap.xmlにも掲載されており、Googleがクロールする際に、sitemapがあるのにnoindexになってるけどいいの?というのが今回の問題でした。

sitemapがnoindexだと、クロールされなくなるけどいいの?

って事です。こちらが送っているsitemap.xmlだから、特に問題ないわけですが問題ありとしてGoogleから連絡を受けている以上対処しておいた方がSEOにも良いかと思いますので、sitemap.htmlが作成されないようにしておきます。

XML-Sitemapの設定を開きます。

HTML形式でのサイトマップを含めるのチェックを外します。

設定はこれだけです。HTML形式のサイトマップが、sitemap.xmlには反映されなくなります。

サイトマップの確認

サイトマップがちゃんと更新されているか確認します。サイトマップの場所は、

https://www.livetech.tokyo/sitemap.xml

です。こちらを表示してみます。

設定前 sitemap.htmlが含まれてる

設定後 sitemap.htmlがなくなってる

修正を検証

ここまできたらGoogle Search Consoleに修正を検証依頼します。

検証が開始されますが、保留状態で、完了するまでには時間がかかります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)