この重大な警告を無視しないでください! 03-4213-0010 電話しちゃダメ!

拠点から問い合わせがありました。

ニュースサイトを閲覧していたら急にセキュリティ警告が出てきたとの連絡。

電話越しにすごいうるさい音で「ぴーぴーぴー 重大なセキュリティ警告です」的な日本語音声が繰り返し聞こえてきます。パソコンに詳しくない人だとすごく怖くなるだろうと思います。

この電話番号で検索したら詐欺サイトである事が判明しました。

今はやりの、外国人が片言の日本語で危険だから遠隔操作でパソコンを修復します。いくらいくらですといったやつです。

パスワードを要求していますが何回も表示されます。とじても閉じれない。

文字化けしているところがあやしい。それからChromeの画面を真似ているところも憎らしいですね。ユーザ名パスワード画面を出しているのはこのブラウザを閉じさせない試してだと思います。

タスクマネージャを起動する

Cntrl + Alt + Delキー入力により、タスクマネージャを選択して起動します。

今回はEdgeだったので、Edgeを終了させます。

http://sever3.wordmark.info/

があやしいかな

2件目の問い合わせが来ました。

ピーピーなってうるさいので、利用者はとってもあせるようです。

とりあえずタスクマネージャを起動させ、強制終了させます。

その後、今度はBitdefenderを利用しウィルスなどが仕込まれていないかを確認します。私たちで利用しているのはWindows Defenderで、Windows Defenderではユーザ操作からのセキュリティリスクには対処できない事が分かっています。

WindowsDefenderよりも強力なBitdefenderでパソコン内のウィルスチェックを行います。

このピーピー音が鳴った時に、ウィルスがはいっていたらこのまま利用を続けるのはよくないと思います。

チェックを終えたところ、特にウィルスは入っていなかったようなのでリンクのページを開くと単にピーピー音が鳴ってパスワードを繰り返し聞かれる仕組みなんだなという事がだいたい分かりました。

タスクマネージャを起動してEdgeを強制終了する

とりあえず、この対処だけで大丈夫です。ウィルスなどは混入した形跡がありません。もし心配でしたら、信頼のおけるアンチウィするソフトをインストールして検査するのもいいと思います。

海外メーカのアンチウィルスを使うのはちょっと

海外製で良く分からないメーカのアンチウィルスを利用するのはちょっと、と思う方は、日本で有名な以下の2つのアンチウィルスソフトを試すのはいかがでしょう。どちらも30日間の無料体験ができるので、こちらを利用してパソコン内にウィルスが混入していないか調べるのも良い後思います。

2020年-信頼できるアンチウィルスソフト

AV-TEST GmbH(ドイツの独立したITセキュリティ研究所)がアンチウィルスソフトのテストを行っています。

こちらの評価(AV-TEST社による2020/4評価)

から、Blenderと並んで評価の高く日本でも名前をよく聞くのはノートンアンチウィルス、トレンドマイクロのウィルスバスターですね。

ノートンアンチウィルス トレンドマイクロ

ノートンは20年以上営業している老舗です。この厳しい競争の中でこれだけ長い間続けていられるというのは、ユーザからの信頼を得ているからだと思います。

トレンドマイクロのウィルスバスターは、日本でかなり有名です。私がコンピュータを使い始めたころから国産ウィルスバスターと名乗り、日本国内で有名なアンチウィルスソフトでした。

ただ、インターネット普及により、ウィルス感染もグローバル化。現在はあまり「国産」という事を表に宣伝していません。開発機関も国内にとどまっていないものと思われます。

ただ、日本メーカーとしての知名度が生きているのか日本国内で1位の売り上げを誇っています。

安心感のあるアンチウィルスソフトをいれておくのは、セキュリティリスクを回避するための有効な手段ですよね。